山あり谷あり!それはそれで人間らしいよね♪
              
    
              
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しかった~   
昨日は彼が家に遊びにきてくれました。
本当に楽しくて、幸せで

1日、一緒にいてたのに彼が帰る時間になると寂しくて仕方がありませんでした

夜ご飯、彼と息子と私で食べていたとき、
「一緒に生活するとこんな感じで食事してるんかなぁ~」って嬉しくなっていました
ただ、ご飯を一緒に家で食べただけなのに、それだけで幸せやなぁって思える。
きっと本当に心から幸せやと思ってるのかもしれませんね
ただ、私はそんなふうに思っていたけど、彼はどう思っていたかわからないんですけどね
幸せ~って思っていてくれたら嬉しいなぁ~


何かいっぱい書きたいなぁと思うのに
出てくる言葉は「楽しかった」「嬉しかった」「幸せやった」しかないです
こういう気持ち、ずっとずっと続けば幸せやなぁ~
スポンサーサイト
明日が楽しみ♪   
明日は彼が家に遊びにきてくれます。
1週間交代でお互いの家に遊びに行っているんですが
初めのころは彼が遊びにきてくれていることが多かったですねぇ

初めて彼の家に行ったのは、まだ付き合うとか考えてなかった頃でした。
ただ、私は彼が気になっていたからすごくドキドキしていました。
その日、彼にも私にも共通のお友達が1人いてくれました。
それだけでも、少しはドキドキを抑えられていたかもしれませんね。
後になって聞いてみれば、彼も緊張すると思って友達を誘っていたみたいです。

そして、彼と付き合って初めて家に遊びに行ったときは
前のときとはまた違う緊張を私がしていました
それは、彼のお母さんが家にいてるということでした。
前にも1度は会っているけれど、そのときはお友達として家に行ったので
今回とは全く状況が違いますよね・・・

でも、彼のお母さんはすんなり私と息子のことを受け入れてくれました。
私の緊張は解けなかったけど・・・。
息子はすぐに環境に対応してくれる子供なので、彼のお母さんともすぐに仲良しになれました。
私の方がオロオロしてたかもしれませんね。

2回目に彼の家に遊びに行ったときは、もう少し私もマシだったかと思います。
それに、彼の部屋で遊んでたから緊張もそんなにありませんでした。

で、明日は私の家に遊びにきてくれます。
1週間、日曜日のために頑張ってるといった感じです。
でも、金曜日に私がちょっとフライングしてしまいました。

用事で彼の家の方向へ行くことがあって
時間が合えば会いたいなぁと思ったんです。
そして、すぐに彼にメール。
平日、しかも仕事の日に会えるなんて思ってもなかったから
すごく嬉しくて、幸せで・・・
息子を幼稚園に迎えに行く時間を考えたら1時間半くらいしか一緒にいることできなかったけど
その1時間半がどれだけ私に元気をくれたか

会いたいと思えば少し時間がかかっても会いに行けると思っていたけど
本当に行けるかなぁと思うこともあったので
余計に彼に会えた喜びは大きかったんですよね。
そして、フライングしてしまって思ったこと。

「あぁ~、早く日曜日になってほしいなぁ~・・・」

フライングしてしまった分、日曜日まで待ちきれなくなってしまいました

で、明日、やっと明日、日曜日になってくれます。
本当に楽しみで仕方がないんです。
会う時間が早くきたらいいのになぁ~
ヌクモリ・・・   
昨日、彼の家に遊びに行ってきました
1週間前には彼と会ってたのに、それからまた1週間会いたくて・・・。
1週間ってこんなに長いもんだと思ったのは初めてです
日曜日は会えると思って毎日を過ごしている状態。
恋愛したのが初めてということではないけど・・・
いつも会いたいってこんなに思ったのは初めてで、自分でも制御がきかなくなりそうです

昨日はたくさんギュッとしてくれていた彼
そのヌクモリがまだ私の心の中に残っています。

彼とこんなふうになると思っていなかった私にとって、
彼と付き合いだしてから"男の人"なんやなぁと意識することが多くなりました。
付き合う前に彼が男の人じゃなかったわけではないのに
そんなふうに思うのはちょっと変かもしれませんが・・・
ただ、友達だった頃そんなふうに見ていなかったからかなり意識してしまいます。

彼のヌクモリが恋しくて愛おしくて・・・

早く次の日曜日になってくれないかなぁと
月曜日の今日思ってしまいます。
こうやって毎日会いたいなぁ~って思ってると
会いたい気持ちに押しつぶされてしまいそうになりますね
やっぱり・・・   
昨日は彼が家に遊びにきてくれました
朝から来てくれて、幸せな時間が過ぎていきました。
息子も本当に喜んでくれて、眠たいのに寝たくない状態・・・

彼は夜遅くまで私と一緒にいてくれて、でも、帰るときは寂しくて・・・

近くの駅まで車で送っていくのがいつものことなんですが
車を運転している時が一番寂しくて、辛い・・・

でも、今日は息子が早めに寝てくれたので
彼と二人だけの時間が過ぎていきました
嬉しくて、ジッとしてられなくて、二人っきりということにちょっと恥ずかしくて・・・
でも、彼と会う時間の中で貴重な二人っきりの時間。
大事な時間です。


彼にギューっとされると、体が溶けてしまいそう
でも、それがものすごく嬉しいことだったりします

本当はギューってしてほしいのに言えない
なんでしょうねぇ~
恋愛ってこんなもんですかねぇ~
こんなふうに今まで感じたことなくて、私の気持ちはちょっと不安になってるかもしれません

でも、彼を好きな気持ち、愛してる気持ちは
今までの恋愛よりも本物で、大きなものだと思ってます
言葉の大切さ   
元旦以降、毎日思っていることは"言葉の大切さ"です

ずっと子供と二人の生活で小さい子供に対する言葉の大切さは大事にしてきました。
でも、また1人大切な存在が増えて、今度は大人への言葉の大切さを考えています。

昔、大切な人にほど自分の正直な気持ちを伝えられなくて
かなり悩んだり苦しんだりしてきました
それは、まだ私の考えが幼くて青二才だったのかもしれません。
自分の思いや気持ちを伝えないで、一人で考えて何も前に進まず
その場でジタバタしているのが私でした。
自分の正直な気持ちを知られるのが怖かったのもあります。
その相手が家族であったり、彼氏であったり、親友であったり・・・

大切な人にほど心配をかけたり、悩ませるようなことをしたくなかったんです。
何より、大切な人を傷つけたくない・・・。

でも、大切な人からしてみれば違うんですよね。
いつも言われてきました。

「一人で悩むな。何でも口で話さんと誰にも伝わらへん」

そうなんです。わかっているんです。
でも、それができなかったんです。

今、一緒にいてくれる大切な人には
いつでも自分の正直な気持ちを伝えてるつもりです。
時には、相手を傷つけてしまうこともあるかもしれない、
もしかしたら、ものすごく悩ませているかもしれない、
でも、それを怖がっていたら
また昔の私に戻ってしまいそうで、後で後悔するようなことはイヤだから・・・


気持ちを伝えるって、こんなに素敵なことなんだと思えるようになったから。
相手とちゃんと心が繋がっていると実感できるから
A Happy New Year!   
新年、明けましておめでとうございます
明けてからかなりたってしまいました(^^;)
年末から体調が悪く、寝込む日もありました。

でもでも、すごく嬉しいこともあったんです

まず、クリスマスに気になる彼とデートする約束ができました。
で、気になる彼と一緒に遊びに行くことができたんです。

その日1日、ずっと緊張しっぱなし・・・。
私には珍しい心境だったかなぁと思います
だって友達として遊んでるんだから、緊張しなくてもいいようなものなのに
やっぱり目の前に気になる人がいるってことはかなりの緊張でした

それからも毎日メールのやり取りをしていて
29日、私の気持ちが抑えきれなくなって
もう、諦めるつもりで私の気持ちを気になる彼に伝えました
気になる彼からの返事なんて期待していなかったのが本音
でも、私が思っていた返事とは180度反対の返事が返ってきました。

気になる彼も、私のことを気にしていてくれたんです。
その返事にビックリして、思わず固まってしまいました。
でも、嬉しくて嬉しくて・・・
自分でもどうしていいのかわからない涙が出ていました。
私が思っているだけだと思っていたのに
気になる彼も私のことを気にかけてくれていたと知って、一気に気持ちが溢れてしまいました。

そして、元旦、新年の挨拶のつもりで気になる彼に会って
お茶して楽しい時間を過ごしました。
その帰り、気になる彼から気持ちを伝えられました。
私の中で、こんなに早く気持ちが通じ合えるなんて思ってなかったから
この日もかなりビックリ!
やっぱり固まってしまいました。
で、また泣いてしまいました

私が男性と付き合うことできるかちょっと不安でしたが
彼なら、大丈夫!という変な確信があったんです。
いつも男性が怖くて仕方なかったのに、彼に対しては怖いという気持ちはありませんでした。

でも、これでビックリすることは終わったわけではありませんでした。
というのは、彼の中で、これから先、ずっと先のことまで
真剣に考えてくれていたということでした。
私はそうなればいいかなぁと思っていました。
でも、今以上を彼に求めるということがダメなようで・・・。

真剣に先のことまで考えて返事をしてくれたこと
ものすごく考えて、悩んだと思う。

彼には重荷なんじゃないか・・・と思うと
だんだん私の気持ちの中に冷静すぎる自分が現れて
悲しいことをいつも心の中で言ってる
彼自身に直接聞くのも怖くて、どうしようもなくて・・・
でも、今のうちなら私も平気でいれるような気がしたんです。
どんな返事が来ても大丈夫という気がしてたんです。

そして、彼に直接聞いてみました。
彼からの返事ではしっかりとした考えを持ってのことだったということを知りました。

本当にいっぱい悩んで考えて答えを出してくれた。
私から見たら7つ年下・・・。
本当に究極の決断を迫られたかもしれません。
ものすごく、重荷になっている気がしてなりません。
彼は大丈夫と言ってくれるけど・・・。

でも、彼を信じてついていく気持ちは日を重ねるごとに
大きく膨らんでいきます
そして、1日1日、確実なものになっている気がします。

なんだか、話がトントンと進みすぎて、私がついていけてるかどうか・・・。
年末年始、嬉しくて幸せなことがありすぎて
とっても怖い気がするこのごろです。
再び恋愛3   
彼からの返事は・・・

「嬉しい・・・でも少し待ってほしい・・・」でした。

私はパソコンの前でそんな返事が返ってくるとは思ってもみなくて
固まってしまいました。

そして、彼は嬉しくてドキドキして手が震えるって言ってました。

朝方のメッセでの告白。
私もドキドキして嬉しくて自分でも分からない涙が流れました。

その日、タカニィと年末最後のデート(私の子連れで)の日でした。
なんだか後何時間かで会うんだと思うと眠れませんでした(^^;)

それでもタカニィに会えることが嬉しくて
デートに元気良く向かいました。
タカニィと一緒にお茶して話しているうちに
息子もタカニィに慣れて、帰りたいんだけど遊びたいって感じでした。

そこで、私からタカニィに「家に来る?で、遊んだってくれる?」って誘ってみました。
自分の家に好きな人が遊びに来る予定なんてしてなかったから
部屋の中は散らかってたけど・・・。
タカニィは来てくれるって言ってくれました。

これまたすごい緊張したし、恥ずかしいなぁ~と思いながら
私の家にお招きしました(^-^)

家に着いてから息子とタカニィはずっとゲームしてました。
私も同じ部屋でゲームみてたりして
あっと言う間に時間は過ぎていきました。

初めてタカニィが家に遊びに来てくれて嬉しくて楽しくて
ジッとしているのがなんだかもどかしく感じました。

それから年が明け1月1日。
毎年、祖父母の家に新年の挨拶に行きます。
祖父母の家がタカニィの家の近くということもあって
会えたらいいね!って言ってました。

当日、なんとか時間を作って、両親に息子を頼んで
タカニィと待ち合わせ(^-^)
どこへ行くって決めてなかったからお茶できる場所へ移動して
長い時間、話し込んでいました。
で、帰る時間になってタカニィが祖父母の家の前まで送ってくれました。

そこで、なんと!
予想もしてなかった出来事がありました。

私は新年の挨拶のつもりでタカニィと会ってたんですが
タカニィはどうもそれだけではなかったらしい。
何か言いたそう・・・。
で、タカニィが話できるように家の前で少し時間をとりました。

タカニィ、この日に気持ちを伝えようとしていたんです。
タカニィの気持ち、実は聞くの少し怖かった(^^;)
あんまりにも私が誘ったりしたらから迷惑がってるのかも・・・とか。
でも、タカニィが言ってくれました。

「恋人として付き合おう」って感じのこと。
(実は嬉しすぎて頭の中、真っ白だった私・・・。一言一言を覚えてないんです(^^;))

で、私はまた嬉しい暖かい涙が流れていました。

そして初チュ☆もこのときでした(〃▽〃)キャー!キャー!

それからタカニィのお正月休みの間にもう1日会うことできて
すごく短期間にいっぱいタカニィと一緒にいることできました。

そして、今、すっごくラブラブなタカニィと私がいます(^-^)

一日一日、好きが大きくなって
毎日、愛おしい気持ちが膨らんでいます(現在進行形w)
そして"おバカ度"も上がっている二人なのでした!
再び恋愛2   
その気になる人と初めて会話したとき
その人の顔をまっすぐ見て、しかもいつもよりずっと近くで
顔を見て声を聞いて。
ものすごくドキドキしたのを覚えています。

それからそんなに間を空けることなく
今までオフ会に誘われるだけの私が
今度はその気になる人にメールをしました。

メールを送ることになった理由は
パソコンのことで聞きたいことがあったからなんですけど
メールではちゃんと説明は伝わってなかったかもしれないし
その人もメールで返答は長くなると思ったようで
電話をかけることになりました。

初めてのオフ会以来、電話で声を聞いたのはこの時が初めてでした。

私の耳に心地良く響く声。

で、パソコンのことを聞いてたのですが
機械音痴の私はなかなか理解できず・・・。
パソコンを持って彼の家に行くことになりました。

何日かして彼の家まで行って
彼に処理してもらい
問題解決!!
その日、オフ会のメンバーの一人も彼の家に来ていました。
私にとってはものすごく有り難かったです。
もし、彼と二人きりだったら
緊張して何も話せないまま(って言ってもあんまり話しなかったけど)
「ありがとう」って帰ってくところでしたから(^^;)

それからまた月日が経って、
時々、メールのやり取りしてってしてるうちに
どんどん彼のことが気になっていって仕方なかったんです。

で、私からメールすることが急に増え
彼は「?」って思ってたと思います。
でも、私のメールにちゃんと返事くれる人でした。

そして、去年のクリスマス前に私からデートに誘いました。
でも彼の仕事の都合が合わず延期。
(↑私の中では延期。彼の中では中止だったかもしれませんねw)
でも、デートはしたくて・・・。
クリスマス、空いてたらデートしませんか?って誘ったら
OKの返事が。

ヤッホー!!って思わず叫びそうになりました。

そしてクリスマス12/25にUSJへ行くことに決まりました。
それまでずっとメッセで会話して、彼のこと少しでも知っておきたかったんです。

メッセで知った彼は
印象として「優しい人」でした。

デートまでの間に1つ驚くことがありました。

それは年齢のことでした。

私と同じくらいか、2~3歳くらい下かなぁって思って
メールで何歳?と聞いてみました。

彼からのメールを見てビックリ仰天!!

なんとなんと7つ下って言うじゃないですか(O□O;)
ほんと、目の前が真っ暗、頭の中真っ白って感じでした。

そして、私の中で「スキ」ってこと諦めようと考えたのもこの時でした。

だって、きっと彼は「有り得ない」って思っているだろうなぁって、
「7つも上のおばさんやし・・・」って思っていると
私が考えてしまったから(^^;)

考えるなって方が無理なんです。
歳が違えば生きてきた年代も違うと思ったんですもん(^^;)
今時の(彼、当時22歳)20代前半の男の人の考え方も
あんまりわからないし・・・
それは相手もきっと同じなんじゃないかと・・・。
(30前の女の人の考え方わからん!ってね・・・)

それでも、12/25のデートには来てくれることになりました。

12/25のデート
クリスマスのUSJ。
そして私の29回目の誕生日。

彼には誕生日だということ内緒にしてました。
私はクリスマスにデートに来てくれたこと嬉しくて
"クリスマスプレゼント"を用意してました。

その日、一日中、緊張していた私。
後になって聞いてみれば彼も緊張してたみたい。
それでも、たくさん話をして楽しい時間でした。

それから年末ギリギリにもう一度会う約束しました。
その時は私の息子も一緒に会うということでした。
彼は息子に会う事をすごく喜んで楽しみにしてくれていました。

そして、会う前の日のメッセで
気持ちを知ってもらいたくて、でももう諦めるつもりで
私から「好きかも」って告白。
ただ、私みたいなおばさんの言葉は
聞き流してOKよと前置きしてから・・・。

返事なんて期待していなかったのが事実。

でも、彼の返事は私の予想していた言葉とは
正反対の言葉でした。
再び恋愛1   
離婚してから2年余り、安定剤に助けられる毎日。
時には育児も出来ないくらい凹んでました。
鬱と診断されたこともありました。

でも、徐々に徐々に家族や親戚の男性には
心を見せられるようになってきました。
でもやっぱり赤の他人の男性には心を開くことできません。

それでも自分から殻を壊していかないと
外出することができない・・・。

で、思い切って全く知らない土地で
運転免許を取りに行こうと決めました。
突然の決意に家族はかなり混乱しましたが
それでも、自分でなんとか道を切り開いていかないと
以前の明るい自分自身がいなくなってしまう・・・。
そう思っての決意でした。

自分の母親に息子を預けて
合宿で運転免許取得に乗り出しました。

心の病気になって初めての試練だったと思います。

でも、なんとかなんとか教官と二人
車という一つの囲いの中での勉強。
頑張ってこれました。
無事、免許取得(^-^)

それからは少し自分にも自信が持てるようになり
前から遊んでいたオンラインゲームのメンバーオフ会に
参加してみました。

参加すると決めたときは
「女の人もいてるやろぉ~」くらいの軽い気持ちでした。

オフ会当日。
集合場所へ行ってみてビックリ!!
男の人が4人で待ってました。

ただ、そんなに怖いと思った記憶はありません。
みんなとはゲームの中で話してたし
メールのやり取りもありましたし。
ただ、警戒はしてたと思います(^^;)

そして、何度かのオフ会を経て
やっと自分から話しかけたり出来るようになったころ・・・

いつも幹事役の人。
すごく楽しそうに笑う男性がいました。
声もとっても気持ちの良い人でした。
でも、きっと女性と話すのは苦手な人だろうなぁって思いました。

彼に対しての私の初めての印象は・・・
「食事の前にデザート食べてる人ww」でした。

とっても気になったのは確かです。

そう、その男性が
今私を幸せにしてくれている「タカニィ」でした。

でも、タカニィとの会話はあんまりなくて(^^;)
1回だけはっきり覚えているのは
タカニィが顔を怪我したって日記に書いていたので
「もう大丈夫?」って聞いて「あぁ、大丈夫やで(^-^)」って会話。
それ以外は2つほど覚えてますが・・・。
ってそれほどしか会話してなかったんですよね。

でも、大丈夫?って聞いたころには
実は私はもうタカニィが気になっていました。
ただ、恋愛することは私の人生でもう考えられなかったから
気になっていることを認められない自分がいました。

                                    
              
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。