山あり谷あり!それはそれで人間らしいよね♪
              
    
              
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使の話3   



そして目が覚めたのは手術開始時間からわずか30分後でした。

手術時間は15分かかると言われていたので、術後15分で目が覚めてしまいました。

麻酔が切れるのは術後1時間はかかるそうです。

でも、私は15分で目が覚めてしまい、体の感覚がないことに気分が悪くなりました。

体が全く動かない。頭も横を向けることが出来ない。

「ここは病院?手術は?終わった??それともまだ終わってない?下着ははいてるけど・・・」とかなりのパニック状態でした。

それから、徐々に麻酔が切れ始めたころ母親が部屋に来てくれました。

思わず泣きそうになりましたが、涙も出ないくらいまだ麻酔は残っていました。

そして、頭が動かせるようになってきたころ手のひらが少し動かせるようになり、指で探りながらお腹に手をあてました。

「もう、ここには何もない・・・。赤ちゃんはもういない・・・」そう思ったとき我慢していた涙が出てきました。

そして、母親に涙を見せてしまいました。

そうするうちにお腹も腰も痛くなってきて、涙が止まらなくなりました。

まだ、体を自分の力で動かすことが出来ない私を見て、母親は楽な姿勢になるように動かしてくれました。

そしてずっと背中や腰をさすってくれていました。

母親の手の温もりが本当にありがたくて、我慢していた物が全部涙とともに流れていきました。


--------------------------------------------------------------------------------


そして涙が少し落ち着いてきたころ主人が来ました。

思わず手を出して主人の手を握りました。

それから、少したって看護士さんが「もう、起きれますね」と言って部屋に入ってきました。

私はまだ、麻酔が抜け切ってなかったのですが、

「ここにはあんまり居たくない。早く家に帰りたい」と思いフラフラしながら診察室へ行き、先生の話を聞きました。

「寂しいと思うけど、この子の運命やったと思って受け入れていってください。

次の赤ちゃんはちゃんと妊娠できますから。心配はありませんよ。

赤ちゃんはお腹の中で成長できなかったんです。

産まれてくることができていたとしても、赤ちゃん自身の負担が大きかったでしょう。」と話してくださいました。

その時は、何を言われても耳に入ってきませんでした。

「なんで、こんなことに・・・」そればかり考えていました。


--------------------------------------------------------------------------------


それからは、体の方は順調に回復していきました。

ただ、心が治らないのです。

何をしていても考えていることは、いつも同じことでした。

「私の赤ちゃんは何処にいったんやろ?今何をしてるんやろ?

寂しくないかな?泣いてないかな?」

そんなふうに日々を過ごしていく中で私は幻聴や、辛い夢を見るようになっていきました。


--------------------------------------------------------------------------------


一人でいると何処からか赤ちゃんの泣き声が聞こえてくるようになり、私は耳を塞ぎました。

夢は、もっと現実味をおびていて毎日毎日私を襲いました。

顔のぼんやりした赤ちゃんが私の腕の中で泣いていたり、笑う声を出していたり・・・

ついには私が夢の中の赤ちゃんに、お乳をあげているという夢も見ました。

そして徐々に私は弱っていきました。

毎朝、いなくなってしまった赤ちゃんに手を合わせ、コップに水を入れて・・・というのが日課でした。

ある日母親が水とお塩、お菓子もあればもっといいと言ったので、それも試みました。

母親は「これは気の問題やから、自分がいいと思う方法で供養してあげるしかないね。

毎日してるとちゃんと届くから」と言ってくれました。

そして、日が経つと今度は飲んでもらえないお乳が出始めました。

温かいお乳でした。

子供が出来たらホントにお乳ができるんやな~と思いました。

そのお乳は1ヶ月もしないうちに止まりました。

飲んでくれることが無いので、出なくていいということでしょうか・・・。


--------------------------------------------------------------------------------


そんな生活の中、10ヵ月後に二人目の赤ちゃんを妊娠しました。

私はまだ、一人目の赤ちゃんのことが乗り越えられないでいたのですが、

落ち込んではいられない。今度の子は元気に産まれてこれるように!!と思って色々妊娠・出産について勉強をして

お腹が大きくなってくるに連れて、段々乗り越えていけました。

そして、二人目の赤ちゃん"まーくん"が産まれてやっと乗り越えられることが出来て、

今、こうして文章にできています。


--------------------------------------------------------------------------------


天使は二人目の赤ちゃんとして戻ってきてくれたのでしょうか?

本当のところはわからないです。でも、まーくんは順調に、元気に成長しています。

生まれ変わりならば、あの夢は本当になったんですよね。

生まれ変わりでなくても、きっと空から私達を見守っていてくれていることを信じて・・・。

H.15.1.15


--------------------------------------------------------------------------------


天使になったあなたへ


「あなたの弟はこんなに元気に成長していますよ。これからも、弟を見守っていてやってくださいね。

あなたは私に命の大切さを教えてくれました。あなたのことをただの、悲しみでしまいこみたくない。

あの夢で話してくれたように私達の近くにきっといてくれていると信じています。」


スポンサーサイト
              
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 10/22, 23:30 -----
ありがとうございます
22日にコメントくださった「ひよこママ」さん

コメントありがとうございます。

命の尊さや神秘
私自身、ものすごく大切に考えています。
一度の流産がこんなに命に対しての考え方を変えるものなのかって
そして真剣に向かい合って生きていかなければいけない
そんなふうに思えるようになりました。

子供が私を選んでくれたのであれば
私はその子供を一生懸命育て、
私を選んでくれたことに感謝したいと思います。
---------- さち [ 編集]* URL * 10/24, 12:51 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 06/23, 22:24 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                   
トラックバック
トラックバックURL
→http://0sachi0.blog49.fc2.com/tb.php/148-dffa5819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
         
              
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。